• Yuki Ono

摂食障害の私からナチュロパスへ

私は20歳から摂食障害に悩まされました。

33歳の時、一時的に症状が消えて治ったと思っていましたが、オーストラリアでナチュロパシーの勉強を始めて2年目、あまりのプレッシャーとストレスで症状が戻りました。ナチュロパシーの学校を卒業して、ビューティセラピストになる学校に行き始めた頃、3年付き合っていた男性とも別れ…自然と症状が消えていました。

合計で15年近くを摂食障害に捧げてきたわけですが、自分の心の成長、精神的に成長に繋がりました。何が治癒に導いたか?は、心の成長なしには治癒はなかったと思います。

何が心の成長に繋がったか、というとホメオパシー、ナチュロパシーを勉強する中で、様々な経験をしたからだと思います。

摂食障害という経験がきっかけがなければ、自然療法家として活動してる私はいないと思います。

私は一生摂食障害と生きていくのかな、と思っていました。心療内科で出された薬で精神的に不安定になり、突然気を失って同僚に心配されたり、結局、仕事が続けられなくなりました。精神に作用するとされた薬による自分が自分でなくなる感覚、出来事をたくさん経験して、怖くなりやめました。

しばらくして薬以外の治療を探しているなか、ホメオパスでもある、なち相談室の粕谷なちさんに出会いました。経験者カウンセラーという摂食障害を経験した彼女のインタビュー記事を見つけたのです。

彼女の主催するグループセラピー、家族を交えた講演会、カウンセリングに通うようになり、症状は変わらなくても心が軽くなり、生きていこう、と思えるまでに回復しました。

数年経ってイギリスでホメオパシーの勉強をする決意をしてロンドンで2年間を過ごしました。ホメオパシーは医学としても哲学としても、私に深い学びと経験をさせてくれました。今までの考え方、生き方、人生が180度変わる経験でした。イギリスのホメオパシーの先生の中に自然療法家でスピリチュアルな視点で医学を説明、解説する先生がいて、その先生の授業が大好きでした。ナチュロパスを育てる学校を経営していると知り、ナチュロパスという存在を知りました。

卒業後、イギリスはビザ申請が厳しくなり、一旦イギリスから帰国しました。

諦めない私はオーストラリアで英語を勉強しなおして、IELTS試験を受けて入学条件のスコアを満たし、念願のナチュロパスになるため Endeavour collage of Natural Health に入学しました。

入学までも大変でしたが、入学してからの方が大変でした。母国語で勉強しても難しい内容を英語で、さらに留学生のためのコースではないためサポートもほとんど無くて…とにかく予習、復習、試験、と四六時中机に向かって医学辞書を引く日々。3年目くらいから実践的なトレーニングが始まりクリニックで患者さんを見ることもしました。

摂食障害が再発した時も他の学生の患者になりました。しかし、サプリメント、ハーブ、色々試しましたが症状が私のストレス発散みたいになっていたので、摂食障害が消えることはありませんでした。

ナチュロパシーでは体の不調をサポートすることはできますが、本人が治すと決めない限りはどんな療法を用いても治すのは難しいと学びました。

本人の治すという覚悟は、心の成長から自然と湧いてくると思います。

私は知識を得ることが治癒に繋がると、色々勉強してきました。勉強をする過程でした人生経験が私の精神的成長を助け、ストレスにも強くしてくれました。今は苦い痛い恥ずかしい経験も含めて全て有難い貴重な体験だったと感謝しています。

黙って私の成長を見守り経済的に支えてくれた親には本当に感謝です。私を信じてくれていたことが一番の助けになり、どんなにつらくても諦めずに頑張ることができました。

今は、次のステージに向かって自然療法家として頑張っています。摂食障害で苦しんだ時間、15年とさらに8年、23年間の摂食障害分野での経験を活かして、摂食障害の治療に取り組んでいきます。

先月、オーストラリアの摂食障害を助けるNPO 法人のボランティアの面接に行きました。次の日、不採用の通知がきました。面接で投薬治療、精神科医による治療に賛成して欲しいと言われたのですが、私は精神科医にかかったことで人生がめちゃくちゃになったからおすすめはできないけど、治り方は人それぞれだから賛成でも不賛成でもない、と言ったからだと思います。また語学力不足もあったかも知れません。

このように、壁にぶち当たりながらも、何とかやっています。収入はほとんど無くて、旦那が支えてくれています(笑)感謝、ありがたいです。

人の心の成長を助けていきたい、それが私の使命でもあり生き方になっているので、それができるお金や状況はかならず用意されるから大丈夫、だと感じています。この仕事はお金では買えない価値があると思っています。

私のセラピーを受けて、1人でも多くの人が自分の人生を生きていけるようになってくれること、心の成長をして心の病気、摂食障害を克服していけるお手伝いをしていきたいと日々、勉強を続けています。

近いうちに摂食障害のコミュニティをつくって、お互い支え合うことをしていきたいと思っています。良かったら私のブログのフォローをお願いします。

一緒に世界を平和にしていきましょう!

0 views0 comments

Recent Posts

See All

食べるのが止まらなくなる…

エモーショナル イーティング Emotional Eating 食べだしたら止まらなくなる…そんな経験はありませんか? お腹はすいてないけど、何か食べたい…そしてたくさん食べてしまう。 心理的なストレスから食べてしまうエモーショナルイーティングと呼ばれるものがあります。 満たされなかった気持ちやイライラを食べることで、無意識に解消する行為です。 当人は無意識でやっているので、なぜ食べすぎるのか分か